リンキーフラットに不満をもつ人の本音はどうなの?

リンキーフラットに不満をもつ人

リンキーフラットを使って不満をもつ人がいるということなので、その本音はどうなのか真相を調べてみました。

不満ということなので悪い口コミを見てみると・・・・・

・シワが多すぎて時間がかかる
・内容量が少ない
・塗ってすぐにファンデを塗ったらボロボロになる
・使い方がわからない
・洗顔したらもとに戻った
・こすったらカスが出る

以上が不満の口コミです。

一つ一つの不満を検証してみました。

時間がかかる

シワの数や状態は人それぞれ個人差があります。目尻や目元など一部しかない場合もあれば、額、眉間、口元などあらゆるところがシワになってる場合もあるでしょう。

全てのシワに塗っていたら時間がかかりますよね。特に朝の忙しいときは時間との勝負です。

目立つシワを選んで塗るとか、これを機会に早起きをする、という工夫がいるかもしれません。

リンキーフラットには長期的にシワを改善する塗るボトックスや3種のセラミドが入ってるので毎日使ってるとだんだんシワが気にならなくなっていくので大変なのは最初だけ。

内容量が少ない

リンキーフラットの内容量は1本11gですので少ない、と思うかもしれませんが一つのシワに使う量は米粒大。それを薄く伸ばすので一度にたくさんの量を使う必要はありません。

シワがたくさんあるときは一度に全部に塗るより目立つシワから使っていきましょう。毎日に使ってるとシワの原因をブロックする働きがある塗るボトックスや乾燥を防ぐセラミドで根本的な解決に導かれるます。あせらず一つずつ改善していきましょう。
それでも全てのシワに塗りたいなら毎月2本や3本購入することもできます。

ファンデを塗るとボロボロになる

塗ってすぐにファンデーションを塗るとボロボロのカスのようなものが出ます。この原因はちゃんと乾かしていないからです。
塗ってしっかりと乾かすとファンデを塗ってもボロボロになりません。あせらずしっかりと乾かしましょう。

使い方がわからない

リンキーフラットを上手に仕上げるにはコツがあります。
わかりやすい使い方の動画があるので紹介しておきます。

キレイに仕上げるポイントは塗った後にしっかりと乾かすことです。

また使う量が多すぎるとボロボロのカスが出るので一つのシワに米粒大一つ分の量を守りましょう。シワにのせた後は指先でトントンと叩きながら広く伸ばすことが大事です。

キレイに仕上げても塗ったところをこするとボロボロと剥がれてしまうのでこすらないことが大事です。

洗顔したらもとに戻る

リンキーフラットの1分でシワがピーンとなるのはフィルムスムーザー成分が肌に透明なフィルムを貼るからです。シワの溝に入ったフィルム成分が乾きながら皮膚を引っ張りシワを伸ばし形状記憶させます。
でも洗顔したらもとのシワがまた出てくるのでガックリするのでしょう。
リンキーフラットには塗るボトックスや3種のセラミドが入ってるので毎日に使ってるうちにシワが気にならなくなってくるでしょう。焦らないことです。

こすったらカスが出る

シワを引っ張ってくれるフィルムスムーザ―成分は皮膚の表面に透明な皮膜を形成します。でもこするとはがれてカスのようになってしまいます。塗ってるときはゴシゴシこすらないようにしましょう。

リンキーフラットの不満を持ってる人の本音を一つ一つ調べてみたら、その原因が間違った使い方や焦りによるもの、ということがわかりました。

使う前にちゃんと使い方を確認しておきましょう。

リンキーフラットの公式サイトには使い方も紹介されています。でも実際に使ってみないとわからないことがたくさんあります。

使ってみたいけど、効果がなかったら・・・肌に合わなかったら・・・と心配なら10%オフで購入できて30日間の返金保証がついてるお試しコースが安心です。

>>>リンキーフラットの損をしないお試しコースの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする